栗原の自然 ~四季~

春のフォト

春 田に映える駒姿
白馬のような残雪の形(駒姿)。
地元では田植えの時期のしるし。
世界谷地(木道)

標高約700メートルに広がる高層湿原。6月中旬高山植物のニッコウキスゲが見頃を迎える。

水面に映る水芭蕉

白く清楚な花が咲き誇る。

春 山里の夕ぐれ

遮るもののないのどかな田園風景が広がる。

夏のフォト

夏登山

5月第3日曜日が夏山開きの栗駒山。中央コースなど複数のコースが登頂可能になる。

伊豆沼・内沼はすまつり

8月にハスの開花時期に合わせて開催。小型遊覧船に乗って湖面いっぱいの花を間近で楽しめる。

一迫山王史跡公園あやめ園

6月中旬から「あやめ祭り」を開催。

南くりこま高原 一迫ゆり園

6月中旬から7月下旬まで、美しい花や香りで、訪れた人々の心を和ませてくれる。

秋のフォト

稲穂を走るくりでん

惜しくも廃線となったくりでんだが、2017年4月1日にくりでんミュージアムがグランドオープンし、くりでん芝生公園と旧若柳駅を含め「くりはら田園鉄道公園」として整備された。

華やかな装い

山肌が赤黄の錦に染まり「神の絨毯」と言 われるほどの美しさ。

冬のフォト

伊豆沼・内沼の渡り鳥
冬の伊豆沼・内沼には約10万羽の渡り鳥が飛来し越冬する。
がんの飛び立ち

ラムサール条約にも登録された伊豆沼・内沼。ガンの飛び立つ羽音は「日本の音風景100選」に選ばれている。

干し大根

冬になると見かける軒下の風景。昔から作られてきた保存食。

干し柿

冬の風物詩。渋柿が甘くなる昔ながらのワザ。

くりはらの食

餅料理

米どころ栗原の代表的な地元食。お祝いや節目など「ハレの日」に欠かせない御馳走。

そば

寒暖の差がある花山の気候が甘くて香り豊かなそばを生み出す。新そばの季節には、各地で香り高いそばが味わえる。

岩魚丼

イワナ養殖発祥の地・栗駒地区で各店オリジナルの丼を提供。

温泉

露天風呂

栗駒山麓に古くからある「栗駒五湯」、花山温泉の他、市内には日帰り温泉などロケーション抜群の天然温泉が豊富

露天風呂
露天風呂