本文へ移動

世界谷地原生花園

「広い湿地」という意味を持つ世界谷地は、栗駒山の標高669から707m地帯に広がる細長い湿地で
高山植物の宝庫。5月から9月まで、いろいろな種類の高山植物に出会えます。特に、湿地がオレンジ色に染まる栗原市の花に制定された「ニッコウキスゲ」の大群生は全国的にも有名です。専用駐車場から徒歩15分で行ける立地条件も人気スポットの理由のひとつです。
高山植物の開花情報についてはコチラから

令和2年 世界谷地原生花園の様子

5月28日(木)午前の様子

木道へ向かうまでのぶな林がとてもキレイ!

 

気持ちの良い天気!

 

ワタスゲってかわいいですよね♪

5月26日(火)午後の様子

天気がすぐれませんでした…( ;∀;)

 

写真だとわかりづらいですが、ワタスゲが見ごろです!

 

ワタスゲのほかに、ミツガシワも咲いてましたよ^^

平成30年 世界谷地原生花園第一湿原の様子

6月22日(金)

開花がピークを迎えています!

 

ニッコウキスゲのほかに、サラサドウダンも可憐に咲いていましたよ^^

6月12日(火)

新しい木道になり、歩きやすくなりました。
ニッコウキスゲも咲き始めています。
今年は少し早めですね。
昨年よりもニッコウキスゲの花の数は多いようですね♪

6月1日(金)

サラサドウダン、レンゲツツジ、ワタスゲが見ごろです。
ニッコウキスゲはまだつぼみ♪
一般社団法人栗原市観光物産協会
栗原市商工観光部田園観光課
TOPへ戻る