伊豆沼・内沼

夏の伊豆沼・内沼

 
栗原市と登米市にまたがる東北最大の低地湖沼「伊豆沼・内沼」では、8月にはハスの開花時期に合わせて「はすまつり」が開催されます。小型遊覧船に乗って、湖面いっぱいに咲き誇るハスの花を間近に見ることができます。
 

冬の伊豆沼・内沼

 
栗原市と登米市にまたがる東北最大の低地湖沼「伊豆沼・内沼」には、秋の終わりになると遠くシベリアからたくさんの渡り鳥がやってきます。国際的に重要な渡り鳥の生息地を保護する「ラムサール条約」にも登録されたこの沼に飛来する鳥は、なんと8万羽。ガンが飛び立つ羽音は「日本の音風景100選」にも選ばれております。