本文へ移動

風の沢ミュージアム

風の沢ミュージアムは、現代の里山を、民藝館、現代美術館、ショップ&カフェ、里山公園、宿舎等で構成した複合施設です。
展示会(一例)
駐車場を上がると、「民藝館」展示室に生まれ変わった大正時代の建築、板倉の倉庫が目に入ります。
※現在写真の展示はおこなっておりません。詳細については直接お問い合わせください。
二百年の時を過ごした茅葺きの母屋「現代美術館」は、囲炉裏のある土間と和室二部屋を展示室としています。その後ろに移築した板倉は外装をそのままに展示用の内装を施しています。
新たに作られた御堂では景色を楽しみながら一休みできます。裏山を上がっていくと、晴天の日には栗駒山が望める見晴し台があり、ぐるりと一廻りして厩に戻ります。厩には囲炉裏のある土間と客間があり、ご予約にて里山の生活を体験いただけます。
平成26年春にオープンしたショップ&カフェは、山面がガラス張りの木造ホール。不定期にてワークショップや演奏会なども行われます。
 
里山公園内の野外ステージでは、毎年秋に土器作りや東北の伝統芸能が一同に介した土と火の祭り「くりはら万葉祭」が開催されます。
一般社団法人栗原市観光物産協会
栗原市商工観光部田園観光課
TOPへ戻る