今月・来月のイベント情報

6月イベント

第35回山王史跡公園あやめ祭り

【日時】6月16日(金)~7月5日(水)午前8時30分~午後5時
【場所】一迫山王史跡公園あやめ園(栗原市一迫真坂字山王地内)
【イベント概要】山王史跡公園内にある「あやめ園」は、アヤメ、カキツバタ、ハナショウブの三種類の花が見られるほか、次のような「あやめ文化」を踏まえた特色のある「公営あやめ園」として知られています。
1.ハナショウブの代表的品種をはじめ、「長井古種」「江戸古種」「変わり花」等が植栽されています。
2.ハナショウブの改良過程が理解出来る、「改良歴史園」が設置されています。
3.ハナショウブの原種「ノハナショウブ」を植栽し、種の保存に努めています。
4.アヤメ類(イリス属)理解のための「標本園」が設置されています。
「あやめ園」は、「花の町一迫」の観光の目玉となっており、美しい花々を一目見ようと県内外から訪れる観光客で賑わいます。期間中は、ステージイベントや生け花、野点などの行事も行われます。
【入園料】
 
通常
団体割引(20人以上)
一   般
510円
410円
高校生以下
250円
200円
あやめ園・ゆり園共通券 大人1,030円、小~高校生500円
【問合せ】一迫観光協会(栗原市一迫総合支所市民サービス課内) TEL0228-52-2114

南くりこま高原一迫ゆり園開園

【日時】6月16日(金)~7月下旬 午前8時30分~午後5時
【場所】南くりこま高原一迫ゆり園(栗原市一迫真坂字清水堰田地内)
【イベント概要】昭和63年、特色ある町づくりをはじめようと、町の若手有志15人が立ち上げた「町おこし会」。研究会を重ねるうちに、会員の一人が「町の山間地にはヤマユリが咲いている。自分もスカシユリを栽培している」と話したことをきっかけに、ユリをテーマにした町おこし事業の推進が決定。会の名称も「町おこしユリの会」と改め、本格的な活動がスタートしました。
様々な職種につく会員たちのノウハウを十分にいかした活動を精力的に展開し、平成2年には試験園を開園。「一迫ゆり園」が完成しました。今では広さ30,000㎡の園内に200品種15万球が咲き誇ります。
【入園料】
 
通常
大   人
670円
小~高校生
310円
あやめ園・ゆり園共通券 大人1,030円、小~高校生500円
【問合せ】南くりこま高原一迫ゆり園 TEL0228-52-4551

第32回みちのく鹿踊大会

【日時】6月25日(日)午前10時~午後1時
【場所】山王史跡公園あやめ園(栗原市一迫真坂字山王地内)
【イベント概要】鹿踊のみ6団体による演技を、あやめ園内で行います。
【入園料】あやめ園入園料のみ
【問合せ】一迫観光協会(栗原市一迫総合支所市民サービス課内) TEL0228-52-2114

第17回 小さな町の小さなカーフェスタ

このイベントは、家庭で不要となった生活用品等の有効利用を図るためのリサイクル運動の推進と、最近では見かけなくなった昭和世代の2輪、4輪車を展示することにより、昭和から平成へと様々な変革を遂げる自動車産業等の歴史を感じてもらいながら、車愛好者等の年代を超えた幅広い交流を目的とします。
会場のスペースの関係で展示車両数は限られておりますが、沢山の方のご来場をお待ちしております。
★期 日 平成29年6月4日(日)雨天決行
★時 間 午前7時~午後 2時
★受付等 午前7時~午前10時
エントリー無料、全て当日の受付です 
展示ブース無くなりしだい受付終了です
チャリティー募金への協力よろしくお願いします 
★場 所 宮城県栗原市細倉マインパーク 第2駐車場 
★住 所 宮城県栗原市鶯沢南郷柳沢2-3 
★内 容 フリマ、ガレセ及びちょっと古めの2輪、4輪車の展示 
★その他 警察による交通指導が近くで予定されております
不正改造車は展示できません 
★アクセス 東北道築館インターから30分、金成若柳インターから25分
栗原市細倉マインパークの案内看板を目印に来て下さい
★問合せ 小さな町の小さなカーフェスタ実行委員会 
代表 佐藤 
★電 話 090-7522-5469

7月イベント

第30回 あやめ祭り神楽大会

【日時】7月2日(日)   午前9時10分~午後3時15分
【場所】一迫山王史跡公園あやめ園特設ステージ(栗原市一迫真坂字山王地内)
【イベント概要】あやめ祭りの開催期間中、花と共に屋外ステージで神楽を楽しめる。8団体出演予定。
【入園料】 一迫山王史跡公園あやめ園入園料のみ(大人510円)
【問合せ】一迫観光協会(一迫総合支所市民サービス課内)
TEL0228-52-2114

築館朝市

【日時】7月2日(日)  午前6時から8時30分まで
【場所】栗原市役所前(栗原市築館薬師1-7-1)
【イベント概要】 築館朝市は旬の野菜や花、三陸沿岸でとれた海産物などを販売します。
【問合せ】築館朝市運営委員会 0228-22-1008

栗原市築館総合支所市民サービス課 0228-22-1114

築館朝市

【日時】7月16日(日) 午前6時から8時30分
【場所】栗原市役所前(栗原市築館薬師1-7-1)
【イベント概要】 築館朝市は旬の野菜や花、三陸沿岸でとれた海産物などを販売します。
【問合せ】築館朝市運営委員会
0228-22-1008
 
栗原市築館総合支所市民サービス課
0228-22-1114

第40回記念大会     みちのく神楽大会

【日時】7月16日(日) 午前8時30分~午後4時00分
【場所】旧富野小学校体育館 (栗原市築館字城生野北田沖274)
【イベント概要】 東北各地に伝承されている神楽の保存のため、第一線で活躍している人たちが一堂に会し、技を競い一般に公開している大会です。出演は近隣町村と岩手県から毎年10数団体が参加、迫力ある熱演を繰り広げます。声(こわ)、舞、太鼓及び囃子、全体のまとまりの4項目について審査され、技を競い合います。
近年は長さ15mの8匹の大蛇が登場する「八岐大蛇」(ヤマタノオロチ)が演目に加わって一層迫力ある大会となっています。宮城、岩手の神楽が一堂に会するこの大会は見応え充分です。
【入場料】 1,000円
【問合せ】栗原市築館神楽保存研究会 0228-22-1602

2017くりこま山車まつり

【日時】【宵祭】30日:午後2時15分~午後9時(予定)、
    【本祭】31日:午前9時30分~午後5時15分(予定
【場所】栗原市栗駒岩ケ崎
【駐車場】有(無料)約500台
【イベント概要】300年もの歴史を誇る伝統行事。煌びやかな9台の山車が見どころの1つです。宵祭は、子どもたちによるおはやし競演会や伝統芸能発表、手踊り、神輿の大乱舞、豪華絢爛な山車による夜間巡行などが行われ、本祭はYOSAKOI演舞や岩ケ崎の通りを全地区の山車が巡行します。
 【問合せ】くりこま山車まつり実行委員会(栗駒総合支所市民サービス課内)0228-45-2114